ブログ

BLOG

特発性側弯症のお客様 その後の経過のご報告 2


皆さま

こんにちは(*‘∀‘)

 

早いものでもう6月に入ってしまいましたね!

 

今回はちょうど一年前にいらっしゃった特発性側弯症のお客様の一年後のお身体の変化についてご報告致します。

昨年の89日にブログでご紹介しましたお客様です。

 

 

 

 

 

一番左が昨年6月。

真ん中が2ヶ月後の8月。

一番右側が一年後の現在です。

 

 

ご来店当初はコブ角86   腰椎72度の

S字のカーヴに沿った状態で歪みが大きかったと思います。

 

しかし今では一見して大きな歪みがあるようにも思えないほど左右バランスが整ってきています。

 

 

ベーシックな側弯改善メソッドを最初にしていただき、

少しずつエクササイズにも慣れてきて今では上級エクササイズになってきましたが

日々の日常の中にエクササイズをする習慣が身についた状況になれたのだと思います。

 

 

また日々の姿勢についての意識も高くなっています。

 

長年の側弯症による歪みが施術やこのエクササイズで最初の2ヶ月で先ずは右側の肋骨の隆起した部分の大きな盛り上がりが小さくなり、

その後はお身体の左右差や両肩の高低差、脚の間の線上に頭の中心が来るようにと

少しずつ変化していきました‼

 

 

長い間の歪みが一年後にはこんなに改善された良い例としてご紹介をさせていただきました!!

 

やはり、継続は力なり

だと実感致しました!

 

時には疲れからエクササイズが出来ないことがあったとしても、完全にやめることなく続けていったことが良かったのだと思います

 

特発性側弯症は背骨に捻れを伴い、

更に左右差のある歪みがあるため

 

自分で歪みをとっていく意識が無ければ

 

他力本願だけでは

 

自分の身体を変えることは出来ないと思います。 

 

 

歪みが強いので、少し良くなったと思っていても元に戻りやすいので、エクササイズを継続しながらキープしていくことが本当に大切なのです。

 

 

自分の身体だからこそ

自分で痛みを取れる習慣を持ち

日々痛みによって、今日はこのエクササイズをしようと選択していけるようになれたら

痛みからも解放出来ると思います。

 

 

そんな習慣を身につけて

バランスが取れた体型や姿勢を手に入れることが出来るお手伝いをこれからもしていきたいと考えております‼

 

 

また今後もお客様のお身体の変化についてご報告してまいります(^_^)/!

 

Copyright(C) Salon Lakur All Rights Reserved.